UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

盛夏に強い 女性の味方

 | 

0508-05日差しの強い盛夏でも、生き生きと花を咲かせるゼラニウムは南アフリカが原産です。意外にも日本には江戸時代に入ってきています。乾燥に強く、反面、多湿を嫌いますので、雨のあたらない軒下などに 鉢植えすると、よく花をつけます。
肥料をやりすぎると葉ばかりが茂りますし、水をやりすぎると根腐れをおこしますから、園芸初心者にはうってつけの花といえます。あまり世話をしないほうがいいのです。
最盛期は5月から9月ですが、猛暑の折は、さすがに株が弱るので、半分くらいに切り詰めるとよいようです。挿し木で株を増やすのは本来5~6月が適しますが、剪定した枝でさし枝を作り、冷房のきいた日のあたらない室内で、挿し木をすることができます。発根は23~26度が適しています。
さて、ゼラニウムの香りは比較的強いので、あまり好きではない人も多いようですが、意外にも、このありふれた花には女性ホルモン系のバランスをとり、月経不順時の不快症状や、更年期障害の症状をやわらげる効果があります。血液の流れをよくするので、女性にとってはうってつけの香りといえます。また、ある程度の虫除け効果もあるそうです。精油が市販されていますが、剪定枝をよく洗ってから、浴室に飾るのも夏の疲れに一役買うのではないでしょうか。

(文:ブルック/絵:吉田たつちか)2005-08

コメントを残す

Top