UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

中間管理職の悲哀

 | 

中間管理職の悲哀 今年の大河ドラマ「真田丸」で、外交交渉で苦労して上々の成果を勝ち取ってきたのに、絵に描いたような愚かな主君・北条氏政から撥ねつけられ、板挟みになって苦労する北条家の外交僧・板部岡江雪斎の姿を見て、思わず、中間管理職の悲哀を身につまされた人も多かったのではないでしょうか。現代でも往々にしてよくある光景でしょうが、いつの時代も「部下は上司を選べない」なわけで・・・。結果、無様に「小田原評定」を繰り返した挙句、滅亡したこともあって現代でも北条氏政という人の評価は決して高くはありません。ただ、当時の氏政をとりまく現実はそれほど簡単な話ではなく・・・。
実は、氏政の時代、事実上、北条家の軍事面をリードしていたのが、先代氏康の次男で、氏政の弟になる氏照でした。武田、上杉、織田に対しても一歩も引かず、赫々たる戦果を挙げてきた氏照の発言力は大きく、五代当主で甥の氏直に対しても、露骨に未熟者扱いで、隠居の氏政が同席していないと何も言わせなかったという話もあるほどです。 氏直も父が死んだら、この叔父さん、持て余したでしょうねえ。内心、頭を抱えていたのでは。まさに、同族経営の悲哀です。氏照は天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐が勃発すると、反対意見を抑えこんで徹底抗戦を主張。秀吉もその辺の力関係は的確に把握していたのでしょう、戦後、兄、氏政と共に切腹を命じられています。
一方、板部岡と並んでもう一人、外交に尽力した人物に北条氏規がいます。この人物は氏政、氏照らの同母弟になりますが、五男坊ともなると、もう、単なる人質要員。そのため、幼少時は駿河今川家に人質として出され、この頃、同じく、今川家の人質となっていた徳川家康と親交を持ったといわれています。(まあ、この辺は伝説の域を出ない話ですが、私はその後の両者の親密な交流を見れば十分に有り得る話ではないかと。)
この辺は、言うならば、同族企業北条において、氏政代表取締役社長会長、氏直代表取締役社長、氏照代表取締役副会長に、氏規取締役営業部長、板部岡営業課長・・・といったところだったでしょうか。氏規は外交責任者となって後は、特に、その人脈を活かして対徳川外交に強みを見せたようですが、それだけに板部岡とともに「世界」の現実が見えていたのでしょう。秀吉への臣従を強く主張しますが、結局、兄たちが受け容れるところとならず、小田原征伐が開始されると韮山城に籠り、大軍を相手に善戦するも、最後は家康の説得を受け入れて開城しています。この辺り、とかく、軍部と外務省とは見解が違うもの、そして、最後は勇ましい軍人の意見に引きずられるもの・・・なのでしょう。

(小説家 池田平太郎)2016-07

コメントを残す

Top