UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

スタイルはお尻で決まる

 | 

2012-5どうして、外国の女性はスタイルがいいのか。思春期からの疑問を抱えたまま、私はアメリカへ留学した。

そこで、もともと猫背気味のアジア人体型にコンプレックスを持っていた私は、街を歩く女性たちを観察しまくった。何が違うのか。それは「お尻」だった。元来の体型でスタイルの良し悪しが決まってしまうと思っているあなた!

スタイルなんてお尻でどうにでもなるんです。その「お尻」を魅力的に見せてくれるのは姿勢+歩き方、なのです。

ニューヨークに住んでいたため、様々な人々と触れ合うことができた。あらゆる人種の人々(特に男性)に注目していると、多くの男性が女性の「お尻」に魅力を感じている、ということが判明した。ニューヨークでは胸が大きい女性でも、お尻がペタンコだと魅力が半減するのだ。逆に言えば、お尻がぷりっと上がっていれば、どんな体型でもある程度スタイルは良く見える、ということだ。

とはいっても、キュっと重力に反発しているようなお尻になれるかと言えば「すぐには」無理だ。でも、長期戦として考えると可能なのである。どのようにしてか。それは最初で述べた、姿勢+歩き方である。

お尻と腰の境目を意識して、お尻をプリっと上げ、胸を張って歩く。これだけであなたのスタイルは2割増しで良く見えるだろう。「どう?私のお尻、ぷりぷりしてるでしょ?」というような心意気で丁度良いくらいだ。街中のお店のウィンドウなどで自分の立ち姿や歩く姿をできるだけ確認しよう。

そうして、意識をお尻と姿勢、歩き方に集中すること2ヶ月。久しぶりに会った友人から言われた一言が私に自信を与えた。「ねぇ、なんかお尻がキュって上がった?」実は、これを意識してからというもの、街中で男性に声をかけられる率も非常に高くなった。背筋を伸ばし、颯爽と歩いている女性はやはり魅力的である。皆さん、明日からは姿勢に気をつけて、堂々としたかっこいい女性になりましょう!

(コラムニスト 上田梨紗/絵:吉田たつちか)

2010.12

コメントを残す

Top