UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

YouTubeで活路を開く

 | 

(絵:そねたあゆみ)

 吉本の芸人による闇営業と反社会的勢力との付き合いが大きな問題になっている。最近のテレビでは反社会的勢力との問題より吉本と所属芸人との労使問題にニュースの軸が移ってしまっているようで、異様な感じがする。テレビ業界と芸能事務所そして反社会的勢力とのかかわりあいの方を深掘りしてもらいたいものだ。

 今回の参議院選挙でNHK批判をワンイッシューにして1議席を確保したN国党の出現でクローズアップされているNHKはもとより民放も含めた地上波テレビの凋落も著しい。吉本が全国8か所で展開している吉本総合芸能学院で新人タレントを育成してきたが、テレビ局の広告売上減少(ネット広告にくわれているため)にともない活躍の場が(出演料が安く済む)増えているとはいえ毎年卒業する吉本新人に食い扶持を供するのは限界にきているようだ。

 新人だけでなくベテランにとっても厳しさは同じで、テレビで活躍でき、高収入を得られる芸人はごく限られている。

 そんな中、活躍の場をYouTubeに移して成功している吉本芸人も少なくない。もともと、話芸の訓練と経験を積んでいるわけで、初めから素人の域を脱している。

 小生が注目しているのが中田敦彦のYouTube大学と梶原雄太のカジサック KAJISACだ。前者は今年4月に開始したばかりなのにすでに登録者90万人を突破、毎月続伸している。大学と銘打っているだけに、日本史、世界史、経済、文学、政治などのコーナーがあり、ほぼ毎日発信している。種本があるといえ、いつネタを考えているのか関心するばかりだ。小生は特に文学コースを楽しみにしており彼の紹介する古典文学をそのたびに青空文庫(無料で読める)で読み返すのも楽しい。

 カジサック KAJISACの方は2018年10月から開始しており、お笑い芸人のユーチューバーとしての草分けだ。なんと、すでに登録者は110万人を超えている。こちらはもっと本格的で、専任スタッフも抱えているほか、家族総出での出演で、奥さんも子供たちもすでにスターだ。YouTubeスタートに際しては数か月かけて綿密な企画を練り上げ、準備したという。演出もテレビの手法を取り入れているようだ。芸人仲間も随時顔をだしており、今回、闇営業で話題になった宮迫博之の出演した回はなんと170万回以上も視聴されている。その回で宮迫が披露した「だし巻き卵焼き」を真似て作ってみたが、とても美味かった。彼の芸もこのまま埋もれさせてはもったいないレベルではある。テレビ局も芸能事務所もうかうかしていられないであろう。

//www.youtube.com/channel/UCFo4kqllbcQ4nV83WCyraiw

//www.youtube.com/channel/UC642pLj4GXSj-0Ybdx3ytmA

//www.youtube.com/watch?v=2msbB2Z4gHk

(ジャーナリスト 井上勝彦)2019-09

コメントを残す

Top