UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

バセドウ病について  

 | 

(絵:そねたあゆみ)

バセドウ病は、自己免疫疾患のひとつで、甲状腺機能亢進の代表的疾患です。連続するストレスや、体にとって無理な負担が続くことにより、ホルモン、免疫、自律神経のネットワークが、調整機能を失います。免疫に狂いが生じると、甲状腺の表面にあるTSHレセプターを異物と認識してしまい、これに対する抗体を作ります。この抗体がTSHレセプターにくっつくと、甲状腺が刺激され、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されます。
甲状腺ホルモンが過剰になると、次のような症状が現れます。
1,全身症状・・・やたらと暑い、だるい、疲れやすい、食べているのに体重が低下、37~37.5度の微熱、血圧、血糖値の上昇、コレステロールの低下、肝機能障害
2,顔・・・目つきが鋭くなる、眼球突出、複視、甲状腺の腫れ
3,神経・・・イライラしやすく落ち着かない、集中力の低下、熟睡できない
4,循環器・・・動悸、息切れ、頻脈、心不全、むくみ
5,消化器・・・食欲亢進、または低下、軟便、口の粘り
6,皮膚・・・発汗、かゆみ、脱毛、皮膚の黒ずみ
7,筋力・・・低下、脱力感、震え、骨粗鬆症等
【バセドウ病の養生の仕方】
バセドウ病は、20~40代の女性に特に多い疾患です。この年代の女性は、妊娠、出産、閉経という、体にとっての大きなライフイベントを迎え、ホルモンの大きな変化を伴います。このような時期に、仕事、家庭、介護などの大きなストレスが重なることで、正常な免疫に破綻を来すことが原因なので、まずは自己のライフスタイルを振り返ることから始めて下さい。
【セルフチェック】
1,良質な睡眠と十分な睡眠時間が確保されていたか?
2,心も体も悲鳴をあげているのに、無理を強いて頑張り続けていなかったか?
3,顔で笑って心で泣いて・・・などの矛盾したライフスタイルを送っていなかったか?
4,いつも何かに追われるような交感神経優位な生活ではなかったか?
5,甘い物、肉類、油を使った料理など、炎症を助長する食品を摂りすぎていなかったか?
6,リラックスできる、自分へのご褒美タイムを作っていたか?
 これらを振り返り、生活パターンを改めることが養生のベースになります。漢方でも、これらをふまえて、免疫とホルモンのバランスを整えるものを用いてゆきます。
 西洋医学的な治療は、TSHレセプター抗体の値をコントロールして、正常に近づけてゆくことですが、漢方+養生を併せることで、より早く回復できると思います。
【バセドウ病の眼球突出の悩みについて】
 甲状腺ホルモンの値は正常にもどり、西洋薬を服用しつつも上手くコントロールされているが、気になる眼球の突出が元に戻らない・・・・というご相談がとても多いです。
 病院では、それはあきらめて!と言われてしまった方も多く、特にお顔の事なので、女性としてはとても気になる悩みです。中医学で、この眼球突出の原因を考えると、それは湿痰という性質の物で、おけつ同様、改善にかなりの時間を要するものです。
 つまり、甲状腺ホルモンにより、過剰に眼球が刺激され、熱をもって炎症を起こしたために、その炎症を冷そうとして、組織液が集り、ゼリー状の湿痰を形成してゆきます。これが後ろから眼球を押し上げてくるようなイメージです。
 炎症が続いた期間が長いほど、湿痰形成もなされ、炎症がひいたあとも、適切な養生をされないと、このゼリー状の湿痰はなかなか散ってゆきません。
 まずは、甘いお菓子、ケーキなどの洋菓子、スナック菓子、天ぷら、カツなどの揚げ物、クッキー菓子パン、肉類の脂肪や食肉加工食品等の、湿痰を形成しやすい食べ物をなるべく遠ざけ、お米を主食にした和食に切り替えることから始めてください。特に、里芋、たけのこ、アスパラガス、キノコ類、大根おろしなどは、湿痰を取り除き易い食べ物です。
 そして、漢方でも里芋科の薬味でできたものを使用してゆきます。
眼球の症状は、まぶたの腫れ、つり目、眼球突出目の痛み、二重に見える、やたらと眩しい、視力の低下、色の見え方がおかしい・・・など様々な症状がありますので、お悩みの症状に合わせて処方をいたします。
 この場合も、原因がホルモン、免疫の乱れなので、それらを改善する漢方+養生も併用されることをお勧めいたします。漢方養生の効果が実感できるのは、個人差もありますが3~6ヶ月を要するかと思います。
 しかし、焦らずコツコツと体の中身を変えてゆく性質の養生は、とても体に優しく、生きる力を養うものです。
どうか諦めずに、養生を始めてみてください。
(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)

コメントを残す

Top