UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

バレンタインデー

 | 

2005.02-12月14日は、女性が好きな男性にチョコレートを贈る『バレンタインデー』。
この『バレンタインデー』のルートは、約二千年前のローマにあります。

西暦三世紀のローマでは、強兵政策の一環として結婚を禁止していました。結婚をしてしまうと、愛する妻や子供の元を離れたくない、戦争へ行きたくないと思ってしまうからです。しかし、強い愛で結ばれた恋人たちを夫婦にしてあげたいと、教会で結婚式を執り行っていた司祭がいました。この司祭の名前はバレンタインといいました。

当時のローマは、ローマ教が主流。キリスト教は禁じられていました。バレンタイン司祭が結婚を、しかもキリスト教式で執り行っていたことは皇帝の大きな怒りをかい、西暦270年2月14日にバレンタイン司祭は処刑されてしまったのです。

時は流れ、西暦五世紀にローマで始まった「2月14日のフェスティバル」の守護聖人として、神の教えに忠実であったバレンタインが祭られるようになりました。そして、その祭りは少しずつ形を変え、2月14日は恋人や家族、愛する者同士が手紙や贈り物を贈りあう『聖バレンタイン』の日として定着するようになったのです。

バレンタイン司祭は処刑前、彼が神に祈りをささげたことにより奇跡的に視力を回復することが出来た女性に、手紙を渡したとされています。手紙の終わりは『あなたのバレンタインより』で終わっていたそうです。この言い回しは、現在もバレンタインのカードなどに使われています。

ちなみに、女性が男性に告白する、チョコレートを贈る、というのは日本だけ。韓国も女性が男性に告白する日となっていますが、欧米では家族、友達、クラスメートや恋人同士の間でカードや花束を交換する日となっています。

死ぬ間際まで神の愛を語り続けたバレンタイン司祭。彼が教えてくれた『愛する』ことの大切さを思いながら、今年のバレンタインを過ごしてみてはいかがでしょうか?

(コラムニストJULIE/絵:吉田たつちか)2005.02

コメントを残す

Top