UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

19世紀の東アジアの国際情勢

19世紀の東アジアの国際情勢

 |   
絵:そねたあゆみ 幕末当時、よく、「列強は日本の植民地化を狙っていた」とか、あるいは、「西洋諸国は元々、通商だけが目的で日本人が過剰に反応しただけ」などと、色々なことを色々に言う人がいるが、「世界」とはそんなに単純なもの ...
『古事記』の神々(その6)黄泉の国1

『古事記』の神々(その6)黄泉の国1

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、妻が亡くなる原因となった「火の神さま」を、伊邪那岐命が手にかけて、そのなきがらからも新しい神さまがたくさん誕生したお話を書きました。妻である伊邪那美命が息を引き取る原因を作ったとはいえ、伊 ...
喉を鍛えて誤嚥を防ぐ

喉を鍛えて誤嚥を防ぐ

 |   
(絵:そねたあゆみ) 40歳を境に、血管や感覚器官(目、鼻、耳など)が衰えることはよく知られていますが、同様にして筋肉の衰えも始まります。特に、喉の筋肉が衰えると、容易に誤嚥(ごえん)するようになります。  現在、肺炎は ...
日本人と肉食と牛乳と

日本人と肉食と牛乳と

 |     
(絵:そねたあゆみ)●大正時代、日本人は肉を4グラムしか食べなかった  これまでも昔の日本人は肉をあまり食べなかったという話しは書いてきました。ある学者が調べたところ、大正時代の日本人における年間のお肉消費量は3.75グ ...
「伝導過熱」の危険

「伝導過熱」の危険

 |   
(絵:そねたあゆみ) 先日、築地場外市場で大規模火災が発生した。火事が発生した半月前に、孫たちと同所を訪れたばかりだったので、よけい驚いた。火元となったラーメン店の従業員によると、出火したと思われる時間の1時間前には火を ...
「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを58本収録
見えない鳥かご

見えない鳥かご

 |   
(絵:そねたあゆみ) 失感情症とか、失体感症という言葉をご存じでしょうか?あまりにも、自分の感情を抑えて我慢してしまうことにより、感情を失い、辛いなどの感覚も感じなくなることをいいます。 例えば、 1,どうしてもやりたい ...
夏バテと心に効く食べ物とは!?

夏バテと心に効く食べ物とは!?

 |     
(絵:そねたあゆみ)●江戸時代の夏バテ対策 暑いですね。夏バテとかになっていませんか? 夏バテの主な原因は、高温多湿になって睡眠不足になりやすくなる。暑いために清涼飲料等を飲み過ぎて胃が疲れて食欲がなくなる。そうめんや冷 ...
空飛ぶ自動車

空飛ぶ自動車

 |   
(絵:そねたあゆみ) 人工知能時代を迎え、自動車を取り巻く環境が大きく変化する兆候を見せている。自動走行自動車はわが国でも、すでに実用実験中だ。空陸両用車「Pop.up」(*1)は空も陸も自由に移動できるモビリティ。日本 ...
『古事記』の神々(その5)

『古事記』の神々(その5)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回のお話で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)とか「国生み」をし、火の神さま、迦具土神(かぐつちのかみ)を生んだとき、伊邪那美命は息を引き取ってしまいました。今回はそ ...
大男だった福沢諭吉

大男だった福沢諭吉

 |   
絵:そねたあゆみ 「幕末維新の人物で今、もっとも認知度が高いのは誰でしょう?」と先日、講演の際に質問したところ、大体、出た答えは「坂本龍馬」「西郷隆盛」でしたが、それは正解とは言えません。「もっとも人気が高い」ではそうか ...
「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを67本収録
『古事記』の神々(その4)

『古事記』の神々(その4)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと、男神)と伊邪那美命(いざなみのみこと、女神)とのあいだに初めて生まれた「水蛭子(ひるこ)」を葦船で流したところで終わりました。この二神のあいだには、次に「淡島 ...
『いただきます。ごちそうさま。』

『いただきます。ごちそうさま。』

 |     
(絵:そねたあゆみ)●学校給食で「いただきます」はいうべきではない?  いまから10年以上前でしょうか? ある学校給食の前に、児童生徒が「いただきます」「ごちそうさま」というのを、やめさせるべきだ」というクレームが、ある ...
袋鉢で夏野菜

袋鉢で夏野菜

 |   
(絵:そねたあゆみ) 自動車の保有をやめたため空いた駐車場跡の庭で家庭菜園を行っているが、鉢植えだと今一元気がない。そこで、今年の夏野菜は袋鉢で育てることにした。とっておいた培養土の空袋に古い土にボカシ肥料を混ぜた土を3 ...
お腹が張る原因

お腹が張る原因

 |   
(絵:そねたあゆみ) お腹がパンパンに張って苦しい・・・というご相談をよく受けることがあります。お腹が張る原因には、腹水や痞塊(腫瘍など)等もありますが、今回はガスによる鼓脹についてお話したいと思います。  臓腑において ...
生のまま野菜を食べる?

生のまま野菜を食べる?

 |   
絵:そねたあゆみ 昨今、旅館などに泊まると、「今朝、畑でとれたばかりの野菜です」と言って、洗ったばかりの生野菜などを出してくれることがありますよね。そういうのを見ると、「こうやって食べるのが本来の姿なんだよな」などと思い ...
「おもしろコラム7月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム7月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム7月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを68本収録
ペン習字のススメ

ペン習字のススメ

 |   
(絵:そねたあゆみ) 達筆の人からの手紙を受け取ると、その内容に関係なくうらやましく思う。生まれつき(父もそうであったから遺伝だとあきらめていた)悪筆な小生は、ワープロが世の中に登場した時、「これで悪筆の悩みから解放され ...
陰虚と慢性炎症

陰虚と慢性炎症

 |   
(絵:そねたあゆみ) 発がんの原因として、低体温や冷え(陽虚)はすでに、どなたも理解しておられると思いますが、意外と知られていないのは、陰虚も慢性炎症を引き起こし、発がんの大きな原因になるということ です。いや、むしろ陰 ...
世界一周したら何日?

世界一周したら何日?

 |   
絵:そねたあゆみ さて、「歴史上、初めて世界一周を達成したのは誰だったでしょう?」・・・と問われれば、おそらく、多くの方が1519年出航の「マゼラン」と答えられるかと思います。が、しかし、彼は航海の途中、フィリピンで戦死 ...
『古事記』の神々(その3)

『古事記』の神々(その3)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  このシリーズの1回目に「別天つ神(ことあまつかみ)」という五柱の神さまが登場しました。全て性別を持たず身を隠してしまわれました。 しかしこの別天つ神さまたちは、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪 ...
ビール! ビール! ビール!

ビール! ビール! ビール!

 |     
(絵:そねたあゆみ)●適量のビールは成人病予防が期待できる ビールが美味しい季節になってきました! よくビールは太るとかビール腹とか言われますが、ビールに含まれる糖質量は、ロング缶1本で、ごはん半分以下。 また一日にロン ...
「おもしろコラム6月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム6月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム6月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを67本収録
戦いには勢いが必要

戦いには勢いが必要

 |   
絵:そねたあゆみ 私にはかねてより一つの疑問があります。  豊臣秀吉の死後、身の程知らず(?)にも徳川家康に戦いを挑み、関ヶ原の戦いで敗れた石田三成ですが、彼は本来、文官であり、秀吉軍でも作戦担当ではなく、補給担当の参謀 ...
『古事記』の神々(その2)

『古事記』の神々(その2)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  その1では「造化の三神」と呼ばれる、性別もなく、人間に姿を現わすこともない三柱の神さまについて紹介しました。三柱の神さまが姿を隠されたあと、高天原には水に浮かぶ油のような、くらげのようにさまよう状 ...
生命力遺伝子

生命力遺伝子

 |   
(絵:そねたあゆみ) がんの増加と同様、子供を授かれない夫婦が増加しているのは、我が国にとって深刻な問題です。 現在の私達の生活からは想像できないかもしれませんが、飢餓は現在に至っても続いており、日本やアメリカ、ヨーロッ ...
独楽吟と車輪吟

独楽吟と車輪吟

 |   
(絵:そねたあゆみ) ボケ防止には俳句や狂歌、和歌などを吟ずるのが良いようだ。紙と鉛筆があればいいので、金もかからない。  幕末、福井の歌人橘曙覧の短歌集「独楽吟」が注目されている。 これは、「たのしみは~時」の形で詠ま ...
天皇家のお食事

天皇家のお食事

 |     
(絵:そねたあゆみ)●江戸時代も明治維新後も天皇家の食事は質素だった  江戸時代、皇室は徳川幕府から約3万石ほどの収入を得ていました。3万石というのはいわゆる小大名並の収入ですから、小大名並の料理を食べていたと思われます ...
「おもしろコラム5月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム5月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム5月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを71本収録
栄養がないけど貴重な食べ物 コンニャクとゴボウ

栄養がないけど貴重な食べ物 コンニャクとゴボウ

 |     
(絵:そねたあゆみ)●なんだこのブヨブヨしたものは!?「なんですか!? このブヨブヨした気味の悪いものは!? 本当に食べ物なのですか!?」 ある外国人はコンニャクを口にしたとたん、思わず吐き出しながらそのように叫んだとい ...
空き家解体の是非

空き家解体の是非

 |   
(絵:そねたあゆみ) ベランダの下の壁が落ちているとの連絡が、近所の友だちからあった。久しぶりに帰ってみると、たしか確かに剥げ落ちている。子どもたちに相談すると、修繕する費用と壊す費用は同じくらいなので、壊したほうが良い ...
肝を養う春の養生

肝を養う春の養生

 |   
(絵:そねたあゆみ) 春の季節の特徴は1、解毒代謝が盛んになる★温かくなり血流がよくなってくると、冬場に溜めた栄養を代謝し、肝臓での解毒と排泄の働きが盛んになります。★毎日の食毒の解毒代謝+花粉や黄砂の到来で、肝臓は解毒 ...
『古事記』の神々(その1)

『古事記』の神々(その1)

 |   
(絵:そねたあゆみ)  日本に残る最古の書物として広く知られているものに、『古事記』と『日本書紀』とを挙げることができます。『古事記』は西暦712年以降、『日本書紀』は720年に完成されたとされています。いずれも、当時の ...
国民の声を無視出来ない時代

国民の声を無視出来ない時代

 |   
(文:小説家 池田平太郎/絵:そねたあゆみ) 2017-4 昨今、何かとお騒がせなトランプ大統領ですが、実は私は彼が当選したとき、それほど意外ではありませんでした。と言っても、もちろん、現地の選挙事情など知るよしも無く、 ...
「おもしろコラム4月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム4月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム4月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを61本収録
大金持ちの財力

大金持ちの財力

 |   
(文:小説家 池田平太郎/絵:そねたあゆみ) 2017-3 現在の三菱電機や三菱銀行、三菱自動車などで知られる三菱グループに繋がる「三菱財閥」の創業者・・・と言えば、おそらく、多くの人が「岩崎彌太郎」と答えられると思いま ...
3月の星座 おおぐま座

3月の星座 おおぐま座

 |   
(文:(コラムニスト 気象予報士 チャーリー/絵:そねたあゆみ) 2017-3 おおぐま座は、日本では「北斗七星」というひしゃくに見立てられた星の集まりを持つ星座で、一年中夜空で見ることができます。しかし春から夏にかけて ...
要介護にならないために!

要介護にならないために!

 |   
(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ)2017-3 冷暖房の完備や医療の発達により、日本人の平均寿命は80歳代と高齢ですが、介護を受けずに生活できる健康寿命は?というと男女ともに10歳以上低くな ...
スマホで変わる世の中

スマホで変わる世の中

 |   
(文:ジャーナリスト 井上勝彦 高田理恵/絵:そねたあゆみ)2017-3 久しぶりに都会に戻り、山手線に乗った。夕方の帰宅時間に遭遇したが、車内の様子が以前とまったく違っている。サラリーマンの朝晩の電車通勤スタイルに、新 ...
1 2 3 20
Top