UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

焼き鳥の謎

焼き鳥の謎

 |     
(絵:そねたあゆみ)●江戸・明治時代の焼き鳥はニワトリではなかった? いつ日本にニワトリがやってきたのかは、正確にはわかりません。しかし『古事記』に太陽神アマテラスが天の岩戸に隠れたときに、世界が夜になり朝が来なくなって ...
今年の干支、戌(いぬ)年

今年の干支、戌(いぬ)年

 |     
(絵:そねたあゆみ) 血液型や干支で性格がわかるとする説には大いに疑問がある。小生の血液型はA型なのだが姉たちや亡き妻からは、A型の筈はないとよく言われていた。A型の性向として言われているのが、「生真面目」「きちんとして ...
『古事記』の神々(その10)

『古事記』の神々(その10)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は、天照大神(あまてらすおおみかみ)には高天の原(たかまのはら)を、月読命(つくよみのみこと)には夜の世界を、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)には海を ...
ガメ(亀虫)の大量発生と、この冬の病気

ガメ(亀虫)の大量発生と、この冬の病気

 |   
(絵:そねたあゆみ) 昨年は、畑及び花壇にガメ(亀虫)が大量に発生していました。強烈なニオイを放ちながら、薬局内にも紛れ込んでくるのでたまりません。ご近所の話でも、やはり異常にガメが多いとのこと。 私達の地方(岐阜県)で ...
多産は繁栄の象徴

多産は繁栄の象徴

 |   
絵:そねたあゆみ 黒田官兵衛という人がいます。言わずと知れた豊臣秀吉の名参謀で、豊前中津の領主を経て、筑前福岡藩の始祖(初代藩主は息子の長政)となった人物ですが、妻は正室のお光さんのみだったということで、世界中で呆れるほ ...
「おもしろコラム1月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム1月編」 電子ブック版を発行

 |   
「おもしろコラム1月編」 電子ブック版を発行挿絵入りコラムを66本収録
駄菓子の食文化

駄菓子の食文化

 |     
(絵:そねたあゆみ)●子どものお小遣いで買えるのが駄菓子  どんな人でも子ども時代があり、どんな人でも子ども時代の楽しみの一つに駄菓子を買って食べるということだったのではないでしょうか?  昭和生まれの私の場合、子どもの ...
カラオケ文化

カラオケ文化

 |     
(絵:そねたあゆみ) カラオケ白書(一般社団法人全国カラオケ事業者協会)によると2016年現在のカラオケ参加人口は4,720万人で2000年以降大きな増減はない。カラオケは今や日本はもとより、世界中で「カラオケ」という言 ...
解毒習慣・ファイトケミカルスープ

解毒習慣・ファイトケミカルスープ

 |   
(絵:そねたあゆみ) 温かいスープが美味しい季節になりました。朝から冷たい人参ジュースや酵素ジュースが辛くなってきた方は、そろそろファイトケミカルスープに切り替えてみてください。  ファイトケミカルスープは、基本の4種類 ...
『古事記』の神々(その9)

『古事記』の神々(その9)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が黄泉の国(よみのくに)で身についたよごれを落とすことで、最後に、左目からは天照大神(あまてらすおおみかみ)、右目からは月読命(つくよみのみこと)、鼻からは建 ...
懲りないやつ

懲りないやつ

 |   
絵:そねたあゆみ 先日、私の友人が「昔、信じていた人に騙されたのが、未だにトラウマになっている」と言っていました。確かに、信頼していた人に裏切られるのは辛いですが、現実にはよく耳にする話でもあります。でも、一方で、松下幸 ...
「おもしろコラム12月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム12月編」 電子ブック版を発行

 |   
「おもしろコラム12月編」 電子ブック版を発行挿絵入りコラムを70本収録
戦国を知らない子供たち

戦国を知らない子供たち

 |   
絵:そねたあゆみ 筑前福岡藩二代藩主・黒田忠之という人物は、父長政亡き後、お目付役だった重臣と対立し、日本三大お家騒動の一つに数えられる黒田騒動を起こしたことから暗君の典型のように言われる人物ですが、実際には藩は成立時に ...
『古事記』の神々(その8)

『古事記』の神々(その8)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回のお話で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は愛した妻である伊邪那美命(いざなみのみこと)を、完全に失ってしまいました。  伊邪那岐命は自らが黄泉の国を訪れたことについて、「けがれた国を見てしまっ ...
いま『うどん』アツい!

いま『うどん』アツい!

 |     
(絵:そねたあゆみ)●世界が注目しはじめたうどん!  新そばの美味しい季節がきましたね~、でも今月の話題は『うどん』!  スキヤキ、スシなど日本の食べ物が世界で流行るということが、昔からありました。近年ではラーメンが中国 ...
元気な人の落とし穴

元気な人の落とし穴

 |   
(絵:そねたあゆみ) 今まで風邪ひとつひかず、病院に行くこともなく、元気で昼夜バリバリと仕事をして、体力には自信があったのに、たまたまの検診でガンが見つかった!どうして!と、いうような声をしばしば聴きます。  ガンの増殖 ...
猪対策はコレ!

猪対策はコレ!

 |     
(絵:そねたあゆみ) 今年、我が家の庭は鉢植えのカサブランカが主役だった。来年のために咲き終わった花を落とし、球根に養分が蓄積するよう、葉と茎はそのまま残しておいた。  ところが、先日、猪が襲来、鉢を倒して球根を食べてし ...
「おもしろコラム11月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム11月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム11月編」 電子ブック版を発行挿絵入りコラムを68本収録
目標提示は具体的に

目標提示は具体的に

 |   
絵:そねたあゆみ 昨年、イギリスが国民投票の結果、即日開票で離脱支持が過半数を制し、EUから離脱することになりましたよね。結果、世界はこれを「椿事」と捉え、世界中で多くの人が「予想外」を口にしていましたが、実は私は比較的 ...
『古事記』の神々(その7)黄泉の国2

『古事記』の神々(その7)黄泉の国2

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、亡くなった妻、伊邪那美命(いざなみのみこと)を、黄泉(よみ)の国へ追いかけて行った伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が、つい妻との約束を破り、妻の醜いなきがらを見てしまったために、黄泉醜女(よ ...
治る人と、治る機会を逸する人

治る人と、治る機会を逸する人

 |   
(絵:そねたあゆみ) 同程度の病状でも治る方と、治る機会を逸する方とがありますがその違いは?日常の臨床で感じることを箇条書きにしてみました。 ★治る人 ①気づきがある人・・・自分の生き方、心のあり方、食物、生活習慣等どこ ...
日本人が愛した大豆の食文化

日本人が愛した大豆の食文化

 |     
(絵:そねたあゆみ)●大豆なくして日本料理はありえない  大豆は大陸から縄文時代に伝わったとされています。仏教伝来以来、日本人は徐々に肉を食べなくなりますが、そんな日本人の肉体をささえたのが、たんぱく質豊富で畑の肉とさえ ...
たまには入院もいいもんだ

たまには入院もいいもんだ

 |     
(絵:そねたあゆみ) 玄関に続くコンクリートの外階段の上で蹴躓き、3段下にダイビング。左腕で受け身をするも、骨折したようで、骨が飛び出ている。タクシーで市内の整形外科に行き、レントゲン検査を受ける。擦過傷の足の脛や右上腕 ...
「おもしろコラム10月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム10月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム10月編」 電子ブック版を発行挿絵入りコラムを67本収録
19世紀の東アジアの国際情勢

19世紀の東アジアの国際情勢

 |   
絵:そねたあゆみ 幕末当時、よく、「列強は日本の植民地化を狙っていた」とか、あるいは、「西洋諸国は元々、通商だけが目的で日本人が過剰に反応しただけ」などと、色々なことを色々に言う人がいるが、「世界」とはそんなに単純なもの ...
『古事記』の神々(その6)黄泉の国1

『古事記』の神々(その6)黄泉の国1

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、妻が亡くなる原因となった「火の神さま」を、伊邪那岐命が手にかけて、そのなきがらからも新しい神さまがたくさん誕生したお話を書きました。妻である伊邪那美命が息を引き取る原因を作ったとはいえ、伊 ...
喉を鍛えて誤嚥を防ぐ

喉を鍛えて誤嚥を防ぐ

 |   
(絵:そねたあゆみ) 40歳を境に、血管や感覚器官(目、鼻、耳など)が衰えることはよく知られていますが、同様にして筋肉の衰えも始まります。特に、喉の筋肉が衰えると、容易に誤嚥(ごえん)するようになります。  現在、肺炎は ...
日本人と肉食と牛乳と

日本人と肉食と牛乳と

 |     
(絵:そねたあゆみ)●大正時代、日本人は肉を4グラムしか食べなかった  これまでも昔の日本人は肉をあまり食べなかったという話しは書いてきました。ある学者が調べたところ、大正時代の日本人における年間のお肉消費量は3.75グ ...
「伝導過熱」の危険

「伝導過熱」の危険

 |   
(絵:そねたあゆみ) 先日、築地場外市場で大規模火災が発生した。火事が発生した半月前に、孫たちと同所を訪れたばかりだったので、よけい驚いた。火元となったラーメン店の従業員によると、出火したと思われる時間の1時間前には火を ...
「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを58本収録
見えない鳥かご

見えない鳥かご

 |   
(絵:そねたあゆみ) 失感情症とか、失体感症という言葉をご存じでしょうか?あまりにも、自分の感情を抑えて我慢してしまうことにより、感情を失い、辛いなどの感覚も感じなくなることをいいます。 例えば、 1,どうしてもやりたい ...
夏バテと心に効く食べ物とは!?

夏バテと心に効く食べ物とは!?

 |     
(絵:そねたあゆみ)●江戸時代の夏バテ対策 暑いですね。夏バテとかになっていませんか? 夏バテの主な原因は、高温多湿になって睡眠不足になりやすくなる。暑いために清涼飲料等を飲み過ぎて胃が疲れて食欲がなくなる。そうめんや冷 ...
空飛ぶ自動車

空飛ぶ自動車

 |   
(絵:そねたあゆみ) 人工知能時代を迎え、自動車を取り巻く環境が大きく変化する兆候を見せている。自動走行自動車はわが国でも、すでに実用実験中だ。空陸両用車「Pop.up」(*1)は空も陸も自由に移動できるモビリティ。日本 ...
『古事記』の神々(その5)

『古事記』の神々(その5)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回のお話で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)とか「国生み」をし、火の神さま、迦具土神(かぐつちのかみ)を生んだとき、伊邪那美命は息を引き取ってしまいました。今回はそ ...
大男だった福沢諭吉

大男だった福沢諭吉

 |   
絵:そねたあゆみ 「幕末維新の人物で今、もっとも認知度が高いのは誰でしょう?」と先日、講演の際に質問したところ、大体、出た答えは「坂本龍馬」「西郷隆盛」でしたが、それは正解とは言えません。「もっとも人気が高い」ではそうか ...
「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを67本収録
『古事記』の神々(その4)

『古事記』の神々(その4)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと、男神)と伊邪那美命(いざなみのみこと、女神)とのあいだに初めて生まれた「水蛭子(ひるこ)」を葦船で流したところで終わりました。この二神のあいだには、次に「淡島 ...
『いただきます。ごちそうさま。』

『いただきます。ごちそうさま。』

 |     
(絵:そねたあゆみ)●学校給食で「いただきます」はいうべきではない?  いまから10年以上前でしょうか? ある学校給食の前に、児童生徒が「いただきます」「ごちそうさま」というのを、やめさせるべきだ」というクレームが、ある ...
袋鉢で夏野菜

袋鉢で夏野菜

 |   
(絵:そねたあゆみ) 自動車の保有をやめたため空いた駐車場跡の庭で家庭菜園を行っているが、鉢植えだと今一元気がない。そこで、今年の夏野菜は袋鉢で育てることにした。とっておいた培養土の空袋に古い土にボカシ肥料を混ぜた土を3 ...
お腹が張る原因

お腹が張る原因

 |   
(絵:そねたあゆみ) お腹がパンパンに張って苦しい・・・というご相談をよく受けることがあります。お腹が張る原因には、腹水や痞塊(腫瘍など)等もありますが、今回はガスによる鼓脹についてお話したいと思います。  臓腑において ...
1 2 3 20
Top