UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

教養

ペン習字のススメ

ペン習字のススメ

 |   
(絵:そねたあゆみ) 達筆の人からの手紙を受け取ると、その内容に関係なくうらやましく思う。生まれつき(父もそうであったから遺伝だとあきらめていた)悪筆な小生は、ワープロが世の中に登場した時、「これで悪筆の悩みから解放され ...
世界一周したら何日?

世界一周したら何日?

 |   
絵:そねたあゆみ さて、「歴史上、初めて世界一周を達成したのは誰だったでしょう?」・・・と問われれば、おそらく、多くの方が1519年出航の「マゼラン」と答えられるかと思います。が、しかし、彼は航海の途中、フィリピンで戦死 ...
戦いには勢いが必要

戦いには勢いが必要

 |   
絵:そねたあゆみ 私にはかねてより一つの疑問があります。  豊臣秀吉の死後、身の程知らず(?)にも徳川家康に戦いを挑み、関ヶ原の戦いで敗れた石田三成ですが、彼は本来、文官であり、秀吉軍でも作戦担当ではなく、補給担当の参謀 ...
独楽吟と車輪吟

独楽吟と車輪吟

 |   
(絵:そねたあゆみ) ボケ防止には俳句や狂歌、和歌などを吟ずるのが良いようだ。紙と鉛筆があればいいので、金もかからない。  幕末、福井の歌人橘曙覧の短歌集「独楽吟」が注目されている。 これは、「たのしみは~時」の形で詠ま ...
空き家解体の是非

空き家解体の是非

 |   
(絵:そねたあゆみ) ベランダの下の壁が落ちているとの連絡が、近所の友だちからあった。久しぶりに帰ってみると、たしか確かに剥げ落ちている。子どもたちに相談すると、修繕する費用と壊す費用は同じくらいなので、壊したほうが良い ...
国民の声を無視出来ない時代

国民の声を無視出来ない時代

 |   
(文:小説家 池田平太郎/絵:そねたあゆみ) 2017-4 昨今、何かとお騒がせなトランプ大統領ですが、実は私は彼が当選したとき、それほど意外ではありませんでした。と言っても、もちろん、現地の選挙事情など知るよしも無く、 ...
大金持ちの財力

大金持ちの財力

 |   
(文:小説家 池田平太郎/絵:そねたあゆみ) 2017-3 現在の三菱電機や三菱銀行、三菱自動車などで知られる三菱グループに繋がる「三菱財閥」の創業者・・・と言えば、おそらく、多くの人が「岩崎彌太郎」と答えられると思いま ...
スマホで変わる世の中

スマホで変わる世の中

 |   
(文:ジャーナリスト 井上勝彦 高田理恵/絵:そねたあゆみ)2017-3 久しぶりに都会に戻り、山手線に乗った。夕方の帰宅時間に遭遇したが、車内の様子が以前とまったく違っている。サラリーマンの朝晩の電車通勤スタイルに、新 ...
「サザエさん」誕生秘話

「サザエさん」誕生秘話

 |   
(文:小説家 池田平太郎/絵:そねたあゆみ)2017-2 ご長寿テレビアニメで知られる「サザエさん」は原作者である長谷川町子女史が、終戦直後の昭和21年(1946年)、福岡市の自宅近くの百道海岸を眺めていて、登場人物の名 ...
人工知能(AI)で変わる世の中

人工知能(AI)で変わる世の中

 |   
(文:ジャーナリスト 井上勝彦 高田理恵/絵:そねたあゆみ)2017-2 先日、家人のために格安スマホを買ったものの、なかなかつながらない。マニュアルを読んでもよくわからない。そこで電話サポートを受けることにした。これま ...
<新刊紹介>三菱を創った男 岩崎弥之助の物語 弥之助なかりせば

<新刊紹介>三菱を創った男 岩崎弥之助の物語 弥之助なかりせば

 |   
「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」(幻冬舎刊) 当サイトでおなじみの池田平太郎の最新小説「三菱を創った男岩崎弥之助の物語 ~弥之助なかりせば~」(幻冬舎刊)がアマゾンから届いた。寒さの続く中、湯たん ...
「世間様」というものを憚る意識

「世間様」というものを憚る意識

 |   
(文:小説家 池田平太郎/絵:そねたあゆみ)2017-1 NHKで、平成3年(1991)に放送された漫画家、故・水木しげる翁の子供の頃を描いた「のんのんばあとオレ」というドラマがありました。水木翁は大正11年生まれといい ...
1 2 3 11
Top