UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

おもしろコラム

19世紀の東アジアの国際情勢

19世紀の東アジアの国際情勢

 |   
絵:そねたあゆみ 幕末当時、よく、「列強は日本の植民地化を狙っていた」とか、あるいは、「西洋諸国は元々、通商だけが目的で日本人が過剰に反応しただけ」などと、色々なことを色々に言う人がいるが、「世界」とはそんなに単純なもの ...
『古事記』の神々(その6)黄泉の国1

『古事記』の神々(その6)黄泉の国1

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、妻が亡くなる原因となった「火の神さま」を、伊邪那岐命が手にかけて、そのなきがらからも新しい神さまがたくさん誕生したお話を書きました。妻である伊邪那美命が息を引き取る原因を作ったとはいえ、伊 ...
喉を鍛えて誤嚥を防ぐ

喉を鍛えて誤嚥を防ぐ

 |   
(絵:そねたあゆみ) 40歳を境に、血管や感覚器官(目、鼻、耳など)が衰えることはよく知られていますが、同様にして筋肉の衰えも始まります。特に、喉の筋肉が衰えると、容易に誤嚥(ごえん)するようになります。  現在、肺炎は ...
日本人と肉食と牛乳と

日本人と肉食と牛乳と

 |     
(絵:そねたあゆみ)●大正時代、日本人は肉を4グラムしか食べなかった  これまでも昔の日本人は肉をあまり食べなかったという話しは書いてきました。ある学者が調べたところ、大正時代の日本人における年間のお肉消費量は3.75グ ...
「伝導過熱」の危険

「伝導過熱」の危険

 |   
(絵:そねたあゆみ) 先日、築地場外市場で大規模火災が発生した。火事が発生した半月前に、孫たちと同所を訪れたばかりだったので、よけい驚いた。火元となったラーメン店の従業員によると、出火したと思われる時間の1時間前には火を ...
「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム9月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを58本収録
見えない鳥かご

見えない鳥かご

 |   
(絵:そねたあゆみ) 失感情症とか、失体感症という言葉をご存じでしょうか?あまりにも、自分の感情を抑えて我慢してしまうことにより、感情を失い、辛いなどの感覚も感じなくなることをいいます。 例えば、 1,どうしてもやりたい ...
夏バテと心に効く食べ物とは!?

夏バテと心に効く食べ物とは!?

 |     
(絵:そねたあゆみ)●江戸時代の夏バテ対策 暑いですね。夏バテとかになっていませんか? 夏バテの主な原因は、高温多湿になって睡眠不足になりやすくなる。暑いために清涼飲料等を飲み過ぎて胃が疲れて食欲がなくなる。そうめんや冷 ...
空飛ぶ自動車

空飛ぶ自動車

 |   
(絵:そねたあゆみ) 人工知能時代を迎え、自動車を取り巻く環境が大きく変化する兆候を見せている。自動走行自動車はわが国でも、すでに実用実験中だ。空陸両用車「Pop.up」(*1)は空も陸も自由に移動できるモビリティ。日本 ...
『古事記』の神々(その5)

『古事記』の神々(その5)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回のお話で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)とか「国生み」をし、火の神さま、迦具土神(かぐつちのかみ)を生んだとき、伊邪那美命は息を引き取ってしまいました。今回はそ ...
大男だった福沢諭吉

大男だった福沢諭吉

 |   
絵:そねたあゆみ 「幕末維新の人物で今、もっとも認知度が高いのは誰でしょう?」と先日、講演の際に質問したところ、大体、出た答えは「坂本龍馬」「西郷隆盛」でしたが、それは正解とは言えません。「もっとも人気が高い」ではそうか ...
「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行

「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行

 | 
「おもしろコラム8月編」 電子ブック版を発行 挿絵入りコラムを67本収録
1 2 3 64
Top