UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

歴史

駄菓子の食文化

駄菓子の食文化

 |     
(絵:そねたあゆみ)●子どものお小遣いで買えるのが駄菓子  どんな人でも子ども時代があり、どんな人でも子ども時代の楽しみの一つに駄菓子を買って食べるということだったのではないでしょうか?  昭和生まれの私の場合、子どもの ...
『古事記』の神々(その9)

『古事記』の神々(その9)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が黄泉の国(よみのくに)で身についたよごれを落とすことで、最後に、左目からは天照大神(あまてらすおおみかみ)、右目からは月読命(つくよみのみこと)、鼻からは建 ...
『古事記』の神々(その8)

『古事記』の神々(その8)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回のお話で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は愛した妻である伊邪那美命(いざなみのみこと)を、完全に失ってしまいました。  伊邪那岐命は自らが黄泉の国を訪れたことについて、「けがれた国を見てしまっ ...
いま『うどん』アツい!

いま『うどん』アツい!

 |     
(絵:そねたあゆみ)●世界が注目しはじめたうどん!  新そばの美味しい季節がきましたね~、でも今月の話題は『うどん』!  スキヤキ、スシなど日本の食べ物が世界で流行るということが、昔からありました。近年ではラーメンが中国 ...
『古事記』の神々(その7)黄泉の国2

『古事記』の神々(その7)黄泉の国2

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、亡くなった妻、伊邪那美命(いざなみのみこと)を、黄泉(よみ)の国へ追いかけて行った伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が、つい妻との約束を破り、妻の醜いなきがらを見てしまったために、黄泉醜女(よ ...
日本人が愛した大豆の食文化

日本人が愛した大豆の食文化

 |     
(絵:そねたあゆみ)●大豆なくして日本料理はありえない  大豆は大陸から縄文時代に伝わったとされています。仏教伝来以来、日本人は徐々に肉を食べなくなりますが、そんな日本人の肉体をささえたのが、たんぱく質豊富で畑の肉とさえ ...
『古事記』の神々(その6)黄泉の国1

『古事記』の神々(その6)黄泉の国1

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、妻が亡くなる原因となった「火の神さま」を、伊邪那岐命が手にかけて、そのなきがらからも新しい神さまがたくさん誕生したお話を書きました。妻である伊邪那美命が息を引き取る原因を作ったとはいえ、伊 ...
日本人と肉食と牛乳と

日本人と肉食と牛乳と

 |     
(絵:そねたあゆみ)●大正時代、日本人は肉を4グラムしか食べなかった  これまでも昔の日本人は肉をあまり食べなかったという話しは書いてきました。ある学者が調べたところ、大正時代の日本人における年間のお肉消費量は3.75グ ...
夏バテと心に効く食べ物とは!?

夏バテと心に効く食べ物とは!?

 |     
(絵:そねたあゆみ)●江戸時代の夏バテ対策 暑いですね。夏バテとかになっていませんか? 夏バテの主な原因は、高温多湿になって睡眠不足になりやすくなる。暑いために清涼飲料等を飲み過ぎて胃が疲れて食欲がなくなる。そうめんや冷 ...
『古事記』の神々(その5)

『古事記』の神々(その5)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回のお話で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)とか「国生み」をし、火の神さま、迦具土神(かぐつちのかみ)を生んだとき、伊邪那美命は息を引き取ってしまいました。今回はそ ...
『古事記』の神々(その4)

『古事記』の神々(その4)

 |     
(絵:そねたあゆみ)  前回は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと、男神)と伊邪那美命(いざなみのみこと、女神)とのあいだに初めて生まれた「水蛭子(ひるこ)」を葦船で流したところで終わりました。この二神のあいだには、次に「淡島 ...
『いただきます。ごちそうさま。』

『いただきます。ごちそうさま。』

 |     
(絵:そねたあゆみ)●学校給食で「いただきます」はいうべきではない?  いまから10年以上前でしょうか? ある学校給食の前に、児童生徒が「いただきます」「ごちそうさま」というのを、やめさせるべきだ」というクレームが、ある ...
1 2 3 11
Top