UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

健康

元気な人の落とし穴

元気な人の落とし穴

 |   
(絵:そねたあゆみ) 今まで風邪ひとつひかず、病院に行くこともなく、元気で昼夜バリバリと仕事をして、体力には自信があったのに、たまたまの検診でガンが見つかった!どうして!と、いうような声をしばしば聴きます。  ガンの増殖 ...
猪対策はコレ!

猪対策はコレ!

 |     
(絵:そねたあゆみ) 今年、我が家の庭は鉢植えのカサブランカが主役だった。来年のために咲き終わった花を落とし、球根に養分が蓄積するよう、葉と茎はそのまま残しておいた。  ところが、先日、猪が襲来、鉢を倒して球根を食べてし ...
治る人と、治る機会を逸する人

治る人と、治る機会を逸する人

 |   
(絵:そねたあゆみ) 同程度の病状でも治る方と、治る機会を逸する方とがありますがその違いは?日常の臨床で感じることを箇条書きにしてみました。 ★治る人 ①気づきがある人・・・自分の生き方、心のあり方、食物、生活習慣等どこ ...
たまには入院もいいもんだ

たまには入院もいいもんだ

 |     
(絵:そねたあゆみ) 玄関に続くコンクリートの外階段の上で蹴躓き、3段下にダイビング。左腕で受け身をするも、骨折したようで、骨が飛び出ている。タクシーで市内の整形外科に行き、レントゲン検査を受ける。擦過傷の足の脛や右上腕 ...
喉を鍛えて誤嚥を防ぐ

喉を鍛えて誤嚥を防ぐ

 |   
(絵:そねたあゆみ) 40歳を境に、血管や感覚器官(目、鼻、耳など)が衰えることはよく知られていますが、同様にして筋肉の衰えも始まります。特に、喉の筋肉が衰えると、容易に誤嚥(ごえん)するようになります。  現在、肺炎は ...
見えない鳥かご

見えない鳥かご

 |   
(絵:そねたあゆみ) 失感情症とか、失体感症という言葉をご存じでしょうか?あまりにも、自分の感情を抑えて我慢してしまうことにより、感情を失い、辛いなどの感覚も感じなくなることをいいます。 例えば、 1,どうしてもやりたい ...
お腹が張る原因

お腹が張る原因

 |   
(絵:そねたあゆみ) お腹がパンパンに張って苦しい・・・というご相談をよく受けることがあります。お腹が張る原因には、腹水や痞塊(腫瘍など)等もありますが、今回はガスによる鼓脹についてお話したいと思います。  臓腑において ...
陰虚と慢性炎症

陰虚と慢性炎症

 |   
(絵:そねたあゆみ) 発がんの原因として、低体温や冷え(陽虚)はすでに、どなたも理解しておられると思いますが、意外と知られていないのは、陰虚も慢性炎症を引き起こし、発がんの大きな原因になるということ です。いや、むしろ陰 ...
生命力遺伝子

生命力遺伝子

 |   
(絵:そねたあゆみ) がんの増加と同様、子供を授かれない夫婦が増加しているのは、我が国にとって深刻な問題です。 現在の私達の生活からは想像できないかもしれませんが、飢餓は現在に至っても続いており、日本やアメリカ、ヨーロッ ...
肝を養う春の養生

肝を養う春の養生

 |   
(絵:そねたあゆみ) 春の季節の特徴は1、解毒代謝が盛んになる★温かくなり血流がよくなってくると、冬場に溜めた栄養を代謝し、肝臓での解毒と排泄の働きが盛んになります。★毎日の食毒の解毒代謝+花粉や黄砂の到来で、肝臓は解毒 ...
要介護にならないために!

要介護にならないために!

 |   
(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ)2017-3 冷暖房の完備や医療の発達により、日本人の平均寿命は80歳代と高齢ですが、介護を受けずに生活できる健康寿命は?というと男女ともに10歳以上低くな ...
慢性炎症を作る無意識ストレス

慢性炎症を作る無意識ストレス

 |   
(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ)2017-2えっ何故私がガンに???特にストレスを感じていなかったのに、何が悪かったのか?  血圧が高く病院の薬を飲んでも下がらない、塩分も控えているのに何 ...
1 2 3 21
Top