UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

ビールのおつまみに簡単チヂミ

 | 

0508-03ビール片手にテレビでナイター観戦の季節です。ビールのおつまみといえば、枝豆が定番ですが、ちょっと気分をかえて韓国料理、チヂミなどつまんでみてはいかがでしょう。
チヂミといえば、ねぎにイカなどが入った海鮮風味の物を思い浮かべがちですが、それは韓国ではパジョンと呼ばれて、チヂミとは区別されています。
何が違うかと言われて韓国人でもうまく答えることができないのですが、さしずめ、関西風のお好み焼きと広島風のお好み焼きの差とでもいうべきでしょうか?
パジョンとは、ねぎを使ったチヂミのことで、ねぎに生地をからめるようにして焼き上げていきます。
そして、チヂミは、色々な具を生地にまぜ合わせから焼いていきます。作り方の違いと言い切れるものでもありませんが、そんなところと言っていいでしょう。
実際のところ 韓国の家庭では、チヂミの具材はなんでもありです。一例をあげてみると、ニンジン。細く千切りにしたニンジンを、小麦粉と卵を水で溶いた生地に混ぜ合わせて、たっぷり目のごま油でこんがり焼くだけ。生地に、少し塩か、コンソメを加えて味をつけるとより美味しさが増します。
これだけで、ニンジンのチヂミのできあがり。代わりにジャガイモを使えば、ジャガイモのチヂミに早変わり。
どうです?これなら簡単に作れそうじゃありませんか?醤油にごま油を適量垂らしたタレでいただきます。
一度お試しください。
(文:韓国食文化研究家 カン美加/絵:吉田たつちか)2005-08

コメントを残す

Top