UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

腎虚の夏バテ

 | 

10-05-01私のお店には、この夏、体調を崩した方がたくさ訪れています。
この季節、最も多いのが、水分の摂りすぎと冷やしすぎによる体調不良です。
不妊症で悩む女性や、自律神経失調症、冷え性でお悩みの方は、水分の摂りすぎと、クーラーによる冷やしすぎには、特に注意してください。
マスコミ、雑誌などでは、体内浄化法で、一日2リットルの水を飲むことを勧めているようですが、これはすべての人にはあてはまらないと思います。
外で体を使って仕事をされる方は、たくさんの汗をかきますので、これくらいの水分と共に、梅干しや漬け物も一緒に塩分を補給していただきたいと思います。
水分のみを補給していると、ミネラルがどんどん汗で失われますので、体が冷えて、気力がなくなり、夏バテしてしまいます。(これは、腎虚の夏バテです)
逆に、一日中クーラーのきいた部屋で、汗もかかずに仕事をしている人が、一日2リットルの水を飲むと、体が冷えて代謝が低下し、疲れやすい、体が重い、頭が痛い、めまいがするなどのさまざまな不調(水毒)を訴えやすくなります。
特に、妊娠を望んでいる方・・・・夏場は、冷たい水分のとりすぎと、クーラーのあたりすぎ、また汗をかいた後は、体がとても冷えますので、冬よりも冷え性体質を作りやすいことを覚えておいてくださいね。

いろいろな情報が氾濫していますが、万人にあてはまるものはありませんので、
自分の体にあった養生法をみつけてゆくことはとても大切です。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)
2005-09

コメントを残す

Top