UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約850点収録しています。ニュースレター制作のご相談も承ります。

辛抱のチンギス・ハン  

 | 

絵:そねたあゆみ

 ワーテルローで敗北後、大西洋の孤島に幽閉されたナポレオンはチンギス・ハンの存在を聞き、「余の為したる事は、彼の覇業の前には児戯に等しいものであった」と言ったという話があります。チンギス・ハンが創設したモンゴル帝国は、最大時には、大英帝国に次ぐと言われるほどの空前の版図を獲得したことでも知られています。(もっとも、モンゴル帝国の版図が最大になったのは、彼の死後ですが、彼の存命中だけでも、既に旧ソ連に次ぐ広さを誇っていました。)それだけに、チンギス・ハンといえば、勇猛果敢で戦えば必ず勝つ、上杉謙信のような軍神的イメージを持っておられる方も多いでしょう。しかし、実際のチンギス・ハンは上杉謙信よりはむしろ、徳川家康に近く、その前半生はとにかく辛抱辛抱でした。

 まず、彼はモンゴル内の統一を果たしたとき、既に四十代の半ばにさしかかっており、六十代半ばで死んでいますから、彼の人生の大半は、ほぼモンゴル内の統一に明け暮れた人生だったといえるでしょう。彼が初めて、自分の軍隊を率いて戦ったのは地方予選(モンゴル統一)の準決勝といっても良い辺りからで、それまではとにかく、敵と戦うに際しては強者と同盟を結んで戦い、同盟相手からどんな酷い扱いを受けてもじっと耐え忍び、勝ったり負けたりを繰り返しながら、勢力を漸増させ、ついには覇者となったわけで、この点でも、苛酷な同盟者織田信長に耐えた家康に重なります。

 ただ、彼の軍隊が最終的に他を席巻することが出来た直接の原因は、信長同様に、命令一下、右にも左にも動く、絶対王政の国を作ったということが大きかったようです。他の王朝や部族の多くは、日本でも織田家以外の大名がそうだったように、結局は一族や配下の領主たちの連合体で、なかなか、思うように動いてくれないということがあったようです。

 そしてそれを可能にした背景には、チンギス・ハンが、「人間に差別なし、地上に境界なし」を掲げ、強靱な意志でそれを堅持していたことがあったでしょう。その意味では、信長が「天下布武」を掲げて覇業に邁進したのに似ており、言うならば、チンギス・ハンという人物は、信長的な価値観の変更を家康的な辛抱で成し遂げた人物という見方も出来るでしょう。

 ちなみに、チンギス・ハンの軍隊が大帝国を築くことが出来た背景の一つには「砂漠」の存在があります。砂漠というと、どうしても、サハラ砂漠のイメージがありますが、チンギス・ハンが舞台としたゴビ砂漠やタクラマカン砂漠は、草原とまではいかないまでも草は生えており、馬や家畜にそれを食べさせながら移動することが出来たわけです。

 堅牢なものではないことを我々も肝に銘じるべきでしょう。

  (小説家 池田平太郎)2019-05

コメントを残す

Top