UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約650点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

朝の便り

 | 

1301-3 皆さんは、朝一番の排便を眺めてみられる習慣がありますか?
便とは、その名前の通り体からのお便りなんですね。昨日までの食べ物が、間違っていなかったか、体の中で正しく栄養になったり、解毒されているか・・・等全て、朝の便りから把握することができます。
 体調が万全な時の排便は
1,便がコロコロしたり、細かったりせず、しっかりとつながっていること
2,色が濃い黄土色で、単一(よくこなれていて、まだらな感じがない)
3,悪臭がない
4,トイレの滞在時間が短く、排便後に残便感がない等です。
1,便が気持ちよくつながらず、切れたり軟便気味である方は、食事につなぎとなる繊維質が足りないためです。パンや麺類などの小麦粉食は、腸のヒダに詰まりやすいので、玄米や雑穀を主食に切り替えてください。慣れない方は白米に混ぜるところから始めましょう。
2,便が黒っぽかったり、よくこなれていない方は、とにかくよく噛むことを心がけてください。そして毎回腹一杯食べないように!腹6分食を心がけると、腸の負担が減少します。
3, 便に悪臭がある方は、動物性食品(肉、牛乳、卵、魚)を消化酵素の割合以上に摂りすぎている可能性があります。真夏にお肉を放置すれば、すぐに腐るよう に、日本人の腸は長く、腸内でのお肉の滞在時間が長いために、摂りすぎればどうしても腸内で腐敗しやすくなります。このような状態では、腸内の免疫が正し く働きません。
4,トイレの滞在時間が長く残便感がある方・・・冷たい物を摂りすぎて腸が冷えていたり、ストレスや時間に追われた食事により、腸がリラックスできていない状態にあります。ながら食いや、イライラしながらの食事は絶対に避けてください。
 いかがでしたか?これからは、朝の便りから体からの信号を受け取り、体をいたわってあげてくださいね!
(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ) 2013-01

コメントを残す

Top