UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

公園は危険?

 | 

09-09-04公園から子どもたちの姿が消えて、久しくなります。いまの小学生が外で遊ぶことは、ほとんどありません。また、塾があるので、“真面目に遊ぶ”時間もありません。ほんの少しの隙間時間を使って、ゲームをするのが遊びなのです。外で遊ぶことができるのは幼稚園児以下の子どもたちだけ。しかし、遊具での事故が増え、次々と撤去されてしまいました。怪我をした子どもの親たちも、その責任を行政に求めるようになり、さらに遊具が消えることになりました。昔と今の遊具はどこか違うのでしょうか。ブランコ、すべり台、シーソー、ジャングルジム……。多少デザインは変わっていますが、基本的には同じです。
変わったのは、子どもの運動能力と、親の思考回路です。昔の子どもも多少の怪我はしました。特に男の子は、危険なことが好きです。小さな怪我を繰り返して「危険」を学び、ギリギリのところで手加減していました。親も怪我など気にもせず、“キズ薬”を塗って「ハイ、おしまい!」。ところが、いまの子どもは、少しでも怪我をすると、親がすぐにやめさせます。
「危ないから、行っちゃダメ!」。遊具を管理する行政に、文句を言ったりもします。まったくの筋違いです。小さな怪我をたくさん経験しておかなければ、大きな怪我をした時に対処できなくなり、精神的ダメージが大きくなります。小さな怪我でもオロオロする、弱い人間になってしまいます。しかし、いまの子どもは、危険なことをやったことがないから、“手加減”を知りません。痛みもわかりません。だから、度を超してしまい、事故となるのです。身体を使い、小さな怪我をしながら、危険を学んでいくのです。これは、生きる上で必要なことです。「危険」を教えるためにも、親は意識を改めなければいけません。怪我をするのは、遊具のせいではありません。子どもは怪我をするものです。怪我をしやすいのは、子どもを外で遊ばせない、親の責任です。
(文:フリーライター 佐藤きよあき/絵:吉田たつちか)
2009-09

コメントを残す

Top