UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

朝粥のすすめ

 | 

0811_4随分と朝晩は冷えるようになりました。世間では、バナナダイエットが人気で、あちこちの八百屋さんでバナナが売り切れだとか・・・。
元気で熱が盛んな方にはよいかもしれませんが、冷え性や、痰湿タイプ(水っぽくブヨブヨ太り)の方にはお勧めしません。
特にこれからは寒い季節です!朝は、お腹を温める食べ物をいただき代謝を良くした方が健康にもダイエットにも良いですヨ。
お勧めは、生姜や青じそを使ったお粥や雑炊です。生姜や青じそは、醒脾といって、眠っている胃腸を目覚めさせ、体を活性する働きがあるためです。今朝は、生姜と、青梗菜(活血作用)の雑炊を炊いてみました。
<作り方>
1,生姜を薄くスライスし、さらにせん切りにする
2,青梗菜は食べやすい大きさに切る
3,少量の胡麻油で、1と2を炒める
4,鍋にお湯をわかし、鰹節を入れ、お茶碗1杯のご飯を入れ、煮立ったら、3を入れ、塩で味付けして出来上がり
・胃腸に優しく、うっすらと汗をかいて、体が軽くなるメニューです。毎日、具を換えて工夫するとよいですね。
・人参とシーフードミックスを、生姜と炒めて入れれば、養血の働きたっぷりのメニューに。
・南瓜や、山芋を入れれば、補気作用バツグンです。
・青じそは、トマトと相性がよいですね。
・シーフードリゾットにしてみてはいかがでしょうか?
(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)

コメントを残す

Top