UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

テリヤキチキン寿司

 | 

09-09-02寿司 OR SUSHI? 世界中で様々な国の食文化が行き交う今日、日本の伝統料理である寿司が、多くの国で愛されるようになった。
ニュージーランドでも町を歩けば「SUSHI」の看板が四方八方で目に付く。ちょっとした立食パーティーでも一口サイズ
の巻き寿司がキッシュやパイの隣に並 んでいる。少しばかり異様な光景だが、サクサクのパ イ達に負けず劣らず寿司は大人気である。
さて、その「SUSHI」だが、日本で食べられている馴染みのある寿司とは少し様子が違う。綺麗な緑色のアボカドがネタ として乗っていたり、巻き寿司の中の具に韓国の肉料理プルコギが詰まっていたり、色目に真っ赤なパプリカは、
「SUSHI」の必需品だ。中でもテリヤキチキン寿司は最も好まれている。
この様に日本で食べる寿司とは大きくかけ離れているが、それもそのはず、多くの SUSHI SHOPは日本人以外のオーナーが殆どである。もちろん老舗日本料理屋などに行けば、本物の日本食や寿司が味わえる。しかしそのような料理屋はニュージーランド人にとって少し敷居が高いのが現状である。 ニュージーランド人にとっての「SUSHI」とはヘルシーなファーストフードであり、道端で「SUSHI」のパックを買い求め、歩きながらハンバーガーの様に食べるの がニュージーランド流である。
しかし考えてみると、 私達が見様見真似でイタリアン料理を家庭で作るのと 同様なのかもしれない。皆様も海外に出向く機会があ れば是非一度「SUSHI」をご賞味あれ。
(文:ニュージーランド在住、Reeoko/絵:吉田たつちか)
2009-09

コメントを残す

Top