UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

元気な人の落とし穴

 | 

(絵:そねたあゆみ)

 今まで風邪ひとつひかず、病院に行くこともなく、元気で昼夜バリバリと仕事をして、体力には自信があったのに、たまたまの検診でガンが見つかった!どうして!と、いうような声をしばしば聴きます。
 ガンの増殖は、精神的なストレスの過重に深い関わりがあります。「以前、何か大きな出来事や、精神的な苦痛を感じたことはありませんでしたか?」と、お尋ねすると「全く心当たりがないです」応えられます。
 では、肩が詰まったり、凝ったりしませんか?とお尋ねすると「全然肩は凝ってないです」と応えられます。
 このような方々の首から肩まわりを観てみると、顎が前に突き出し、両肩がすくんで、胸鎖乳突筋や僧帽筋がムキムキの筋硬直状態になっている場合がよくみられます。
 この矛盾は何でしょう? そのトリックは、無意識的な自律神経の働きであり、交感神経の連続した異常緊張にあります。人は昼間起きているときは、適度に交感神経が働き、快適に仕事をこなすことが出来ますが、夜になると副交感神経が働き、リラックスして消化管が動き、眠りにつき、解毒排泄がうながされます。
 ところが仕事や勉強などに熱中し過ぎて、昼も夜も関係無しに次から次と頑張っている方は、延々と交感神経が働き続けています。副交感神経支配の時間が相対的に減ってしまいます。交感神経が異常に緊張しているとき、人は痛みや疲れ、だるさなどを忘れ、神経がいきり立った状態で頑張ることができます。これは、例えば足を怪我して出血していても、敵から襲われ、生きるか死ぬかで逃げているとき、痛みを忘れて走れるのと同じです。つまり、交感神経が常に有意になると、炎症があっても、疲れがあっても、痛みやだるさが感じ難くなります。
 そうして、解毒の機会を失うことにより、体は汚れてゆき、ある日突然に体が悲鳴をあげることになります。よく、しょっちゅう体の不具合を感じる方がおられますが「あ~でもない、こ~でもない」と言いながら、意外と長生きします。
 これは、痛みや疲れを感じやすい体であるために、体を温めたり休めたり、無理をしない等の養生が出来るためです。痛み、汗、二便はすべて解毒排泄反射で、副交感神経が優位なときにおこります。ですので、過剰な副交感反射は、痛みやだるさ、しんどさを伴うのですが、治癒するための一課程です。
 鎮痛剤やモルヒネなどは、過剰に交感神経を緊張させ痛みの感覚をマヒさせることで痛みを抑えます。一方、副交感神経は強く抑制されるので、解毒や排泄機能が働かなくるために、激しい便秘などを伴います。交感神経が過剰な状態は、さらなる緊張を生んでゆきますので、活性酸素を大量に発生させ、がん化や老化に拍車をかけてゆきます。
 「自分は丈夫だ! 健康だ!」と豪語している方は、いつもと違う見方をしてみてください。痛みや怠さが有ることを感じ取ることが出来る体こそが、良い体です。そして、昼間は元気に働くけれど、夜はリラックスして早めに眠るという自然な生き方を取り戻してくださいね。
(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)2017-11

コメントを残す

Top