UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

体調が悪い時の食事

 | 

0805-02日本ではようやく春が到来し太陽が燦燦と照る真夏までカウントダウンが始まりましたが、南半球のこちらではサマータイムも終わり冬が訪れようとしています。

気温がぐんと下がり体調を崩す人も多く見られるようになりましたが、皆さんは調子が思わしくない時は何を召し上がりますか?やはり定番はお粥でしょう か?

できるだけ水分をしっかりと摂り、消化の良いものを食し熱のある時には良質のたんぱく質やビタミ ンCも不可欠ですよね。

我が家ではお粥に梅干しやうどんがお決まりのコースでしたが、知人の病気の時の定番コースを聞いて驚きました。

カンボジア人の友人が体調が思わしくないと言い出し、お粥を炊きはじめました。さすが同じアジアなだけあり、日本と変わりないなと思っていたところ、お粥のトッピングにカリカリに焼いたベーコンと、ニンニクで炒めたこってり味のビーフをのせ始めたのです。私は心の中でベーコンにビーフ?と疑問を抱きながら、消化に悪いなと思っていると、それを見たイタリア人シェフが、そんな消化の悪い物を食べるなら食べない方がマシだと、彼の為にトマトソースのパスタを作り始めた。え?パスタ?私は思わずイタリア人シェフにイタリアではパスタを食べるのか聞いてみた。日本では病気の時にパスタを作って食べる人はまず居ないであろう。するとシェフは彼の故郷では野菜をふんだんに使ったトマトソースのパスタが定番であると教えてくれた。

また他の国の人に出会う機会があれば是非、病気の時の食事を聞いてみようと思う。ちなみにカンボジアでは火傷をした時は、患部に歯磨き粉を塗るか醤油を垂らすそ だ。試すのに少し勇気がいるが、いつか一度トライし てみたい。

(コラムニスト Reeoko)2008-05

コメントを残す

Top