UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約650点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

綺麗な花にはトゲがある

 | 

11-06-06 綺麗な花にはトゲがある。美しい女性には裏があるという慣用句です。この花とは薔薇のこと。チクチクして痛いトゲをうっかり触って怪我をした人もいるのではないでしょうか。そんなところが女性と同じだなんて、とても上手い表現だなと感心してしまいます。
もともと薔薇のトゲは虫から葉や花を喰われないように備わっている武器です。けれども、その武器が役に立たずに食べられてしまう時代が来ました。食べるのは、なんと私達人間なのです。
薔薇は昔から人々に愛される花でした。その香りは麗しく、シャンプーや入浴剤、芳香剤などに用いられてきました。近年、薔薇を香りとして楽しむだけでなく、食品としても楽しめないかと考えるようになりました。その結果、花びらからジャムやソフトクリームが作られるようになり、乾燥させて茶葉にしたローズヒップというハーブティーが売られるようになりました。食品としての薔薇は美容によく、肌を若返らせるので女性に注目されるようになったのです。
そのせいでしょうか。人間とはどん欲な生き物。今度は加工した薔薇ではなく、薔薇そのものをカブっと食べてしまおうと考え始めたのです。しかし、花屋で売られている薔薇を食べたのでは農薬や延命剤が含まれているので人体によくありません。食べて安全な無農薬の薔薇を開発しなくてはなりませんでした。それは簡単にはいかず、数年に渡る思考錯誤の結果、ようやく生み出すことに成功したのです。その薔薇はエディブルローズと呼ばれ、イタリアンやフレンチレストランでサラダとして盛られたり、ウエディングケーキに彩られたりと、優雅で豪華な食の演出をして人々を楽しませてくれるようになりました。
結婚式のブーケにも使われる薔薇の花。将来は花嫁が最後にブーケを投げた後、皆で薔薇の花びらを一枚ずつ食べて幸せを分かち合う……そんな日が訪れるかもしれませんね。
(コラムニスト 華山 姜純/絵:吉田たつちか)2011.06

コメントを残す

Top