UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

冬の午後はなぜ曇る?

 | 

最近めっきり冬めいてきましたね。今回は、主に太平洋側の冬のお天気について書きます。

2005.02-2 一般に、「西高東低の冬型気圧配置」と呼ばれるとき、日本海側ではおおむね曇や雨または雪になりますが、それとは逆に、太平洋側ではカラっと晴れた好天に恵まれます。(関東平野にいわゆる「からっ風」が吹くのもこの気圧配置のときです)

 太平洋側の朝は、「放射冷却」といって、夜陽射しがないあいだに地面の熱が大気中に逃げて、強く冷え込みます。この現象の影響は、風が弱くよく晴れた夜間ほど強くなります。(霧の原因にもなります)

 やがて、日の出を迎え次第に地面が暖まってきます。しかし、風もなくおだやかな日でも、正午を過ぎたあたりから、曇る日が多いと思います。これは、地表付近にあった空気が日射によって暖められて、暖かくなった空気は軽くなって上昇し、上昇すれば今度はまた冷めたくなります。すると、もともと含まれていた水蒸気は水滴となり、上空で雲ができるというしくみです。(条件によっては、その雲が雨を降らせたり、雪を降らせることもあります)

 また、冬の太平洋側で、もう一つ忘れてはいけない大切な現象があります。それは「南岸低気圧」と呼ばれるもので、日本の南海上を低気圧が発達しながら東進する場合のことです。

 このとき太平洋側の各地には、冷たくて乾いた空気が入り込み、雪になることがあります。一般的には、低気圧の中心が、「八丈島の南を通れば関東地方は雪」と言われています。関東地方では、もともとあまり雪が降らないため、雪の対策が、日本海側ほど十分とはいえません。少しの雪でも大パニックになることもありますので、決して油断はできません。

  まだまだ寒い日は続きますが、春はもうすぐです! 負けずに頑張りましょう!!

 (気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか) 2005.02

コメントを残す

Top