UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

台風接近時の不調 

 | 

(絵:そねたあゆみ)

 今年の気候はホントに何もかもが異常です。台風が逆走し、各地で大きな被害をもたらしましたが、今回の台風時に体調を崩された方がとても多かったようです。
 台風が通過しても、長い間気圧が低い状態が続き私の部屋に置いてあった、凹み気味のヨガボールもパンパンに膨らんでいました。気圧が低いと、海面が持ち上げられる高潮と同じように、体の中でもコレに似た現象が起きています。
 つまり体表が外に向って膨張するので、組織の間隙が広がります。血管も広がるので、血流を維持するため「表」を閉じ、体中の水分の漏出を防ぎます。この状態での運動や外出で体温が上がると冷却システムである発汗が出来ず、特に上半身に熱がこもりのぼせやすい状態になります。
 血行動態が非常に悪いので、目眩や頭の重だるさ脳梗塞かも?と思うような、ふらつきや筋肉の違和感、視覚異常などの症状が多発しました。特に必要以上に水分を摂り過ぎている状態で起こり易いようです。
 台風前後は、暑い、湿気が高い、気圧が低い、酸素が薄いの条件が揃い、最も熱中症にも注意が必要です。
 さて、このような体の逆上せ状態を改善させるには、升降丹という気と津液を下へ引きおろして熱を冷ます漢方に五苓散を併せて利水すると良いです。そして、足の裏の湧泉、照会などの腎経にお灸をして、逆上せを下へ引き下げる手法も効果的です。
また、横になって四肢を上に上げてブラブラ揺らす、通称ゴキブリ体操も良いです。普段から、足の筋力を鍛えておくと、そのポンプ力により、血行動態が改善されるので、日頃の筋トレやストレッチも逆上せの予防になります。
 ふくらはぎの筋肉を鍛える方法として、イスに座った状態で、片足で立ち上がります。 左右10回づつ出来ればOKです。
 (薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)2018-09

コメントを残す

Top