UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約850点収録しています。ニュースレター制作のご相談も承ります。

いくつになっても学びたい

 | 

(絵:そねたあゆみ)

 吉本芸人ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが慶應のメディアデザイン研究科(KMD)の大学院生になったとして話題になっている。研究テーマは「死者との対話」を学ぶためという至極真面目な理由だ。相方の田村亮が例の闇営業事件で事実上の芸能活動を休止しているので、暇だからといった単純な理由ではないようだ。

 それにしても、大学院というところは、大学卒業相当の経験を証明できれば、受験するチャンスがあるとのことを初めて知った。彼はすでに、お笑い芸能の分野や、司会の分野などで、一芸に秀でているわけだから資格者としては十分ではある。

 日本の大学のレベルが世界的には、かなり落ちてきているといわれて久しい。時代の変化に対応できずに文部省の石頭的な行政指導の責任は大きい。試験制度も、大学運営形式ももっと自由であってしかるべきだ。

 人生100年時代を迎えて、自分も大学や大学院に入って勉強しようという高齢者もいるであろうが、国立大学はもとより私立大学に対しても少なからず税金が注ぎ込まれていることからして余命いくばくもない老人は、ネットで学ぶ程度で我慢するのがよろしい。

 幸い、最近は、有名大学が続々とyoutubeなどで講座を公開している。しかも無料のところが多い。大学時代、学園紛争を理由にろくに勉強もせずに世の中に放り出されたことを後悔するためにも、また、ボケ防止のためにも、いくつになっての学ぶことはいい。卒業や研究が目的ではないので、気楽に、楽しく学ぶがよろしかろうと思う。主な講座サイトを紹介しておきたい。

東大TV(UTokyo TV)=//www.youtube.com/channel/UCGkctuF55veBi7xDGCgcYkw/featured

Kyoto-U OCW=//www.youtube.com/user/KyoDaiOcw/

10mTV=//10mtv.jp/ (有料)

(ジャーナリスト 井上勝彦)2019-10

コメントを残す

Top