UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

「たまねぎ」の意外な力!

 | 

2005-12-2みなさん、「たまねぎ」食べてますか?野菜の中でも身近で使う頻度の高い、このたまねぎ。食べたことない、なんて方はほとんどいらっしゃらないと思います。

実はこのたまねぎ。結構すごい力があるんです!今回はそのたまねぎパワーをご紹介します。

中国では、たまねぎは「胡葱(こそう)」と呼ばれているのですが、疲労を回復させたり、体を温めたり、滋養強壮の効果があるものといわれてきました。西洋でも、不眠症や神経衰弱に効果があり、強壮、利尿作用、消化促進などにも効果あるとされてきたのです。

たまねぎを刻むと涙が出ますよね?これはたまねぎに含まれている硫化アリルという硫黄を含んだ成分によるものです。この成分が食欲増進や鎮静作用の効果を持ち、ビタミンB1の吸収を助ける働きをして疲労回復などの効果を生んでいるんです。

例えば、生で食べれば、憂鬱な気分がおさまったり、時にはうつ病にも効果を発揮します。不眠症の方や寝つきが悪いといった方は、生のたまねぎを刻んで、枕元においておきましょう。よく眠れるようになります。

生で食べるとき、刻んだあとに水でさらしてしまうと、大切な成分・栄養分もなくなってしまいます。水でさらさなくても、しばらく置いておくだけで、辛味や苦味は減りますので試してみてください。

身近な存在のたまねぎです。

気軽に利用してみてください!

(成宮わたる/絵:吉田たつちか)

2005.12

コメントを残す

Top