UA-77435066-1

歴史

メールで西郷隆盛を発掘!?

メールで西郷隆盛を発掘!?

 | 
 最近、つくづく思うのですが、この10年ほどで、本当に人とのやりとりがメールばかりになってしまい、すっかり手紙を書かなくなっているんですよね。その結果、ふと気づいたら、手紙どころか、以前は書けていた漢字が結構、書けなくな ...
兵と卒との違いに知る因果応報の軍人・宇垣一成の実像

兵と卒との違いに知る因果応報の軍人・宇垣一成の実像

 | 
宇垣一成という人物をご存じでしょうか? 慶応4年(1868年)、備前国(現岡山県)にて農家の5人兄弟の末子として誕生、陸軍士官学校、陸軍大学校を経て、何度も総理大臣候補に推された人物・・・という経歴からは、頭がカミソリの ...
ホスピタリティというサービス理念

ホスピタリティというサービス理念

 | 
夏の行楽シーズンをどのようにお過ごしですか? 旅先のホテルやレストラン、観光施設などを訪れて感じるのはホスピタリティではないでしょうか。ホスピタリティとは「思いやり、心遣い、親切心、誠実な心、おもてなし」です。ホスピタリ ...
才能って、何なんだろう?

才能って、何なんだろう?

 | 
 「才能を持つということは、どういう位置づけで捉えればいいのか?」最近、よく、そのことを考えます。 つまり、なぜ、その人のみに、他者より優越したものが与えられたのかと・・・。それは、広義で言えば、美形であるとか、スタイル ...
黒田如水に学ぶ原則線

黒田如水に学ぶ原則線

 | 
豊臣秀吉の懐刀で名参謀と呼ばれていた人に黒田如水という人がいます。この人は、秀吉の天下獲りに大きな功績があった人でありながら、同時に、秀吉とは徹底的に反りが合わなかった人物でもあります。為に、それほどの功績がありながらも ...
芸で飯が食えるということの定理

芸で飯が食えるということの定理

 | 
 以前、人気お笑い芸人のぐっつぁんこと、山口智充さんが、素人時代に、スナックのカラオケで北島三郎さんの物まねをして歌ったら、向こうに座っていた強面のおじさんたちから大喝采の挙句、ボトルが差し入れられてきた・・・という話を ...
自分の好物は他人も好物!

自分の好物は他人も好物!

 | 
昭和29年、広岡達郎が、早稲田大学から巨人に入団したとき当時、巨人には、主力選手として「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治がいました。 広岡と川上の確執は、改めて言うまでもなく野球ファンにはかなり有名な話ですが、特にその昭和 ...
男の決断に対する評価

男の決断に対する評価

 | 
河井継之助という人物がいました。 言うまでもなく、幕末、長岡藩を率いて激越な北越戦争を戦った人で、司馬遼太郎氏の小説で採り上げられて以来、一躍、脚光を浴びるようになった人物ですが、実は私あまり評価しておりません。 その理 ...
藤原泰衡の決断

藤原泰衡の決断

 | 
歴史上、さまざまな場面でさまざかに決断を迫られた人々・・・、成功すれば英雄となり、失敗すれば愚物となる。 第二次大戦中、ドイツ軍の作戦指導にことごとく容喙したヒトラーの弊害を批判する声がありますが、しかし、戦局が悪化した ...
茶畑の北側に生えていた

茶畑の北側に生えていた

普段からお茶をよく召し上がる方の中には「やぶきた」というお茶の品種の名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。 この品種は静岡県の篤農家・杉山彦三郎により選抜され、今や全国の作付面積が7割を超えるまでに普及した煎茶の ...
ご先祖さまを想い手を合わす

ご先祖さまを想い手を合わす

 | 
8月13日から16日は、先祖の精霊を迎えて供養し、故人をしのぶ「お盆」です。この「お盆」とういう名称は、盂蘭盆(うらぼん)から来ているとされています。盂蘭盆とは、インドの古い言葉で”ウランバナ=逆さ吊り ...
「孫子と人民の狂騒は一ヶ月で終わる」は不朽の理と見つけたり

「孫子と人民の狂騒は一ヶ月で終わる」は不朽の理と見つけたり

 | 
 かつて、大分県の平松守彦氏が県知事に就任ししたときに、助役か誰かに、「大分は海と山しかない、何もないところですから・・・。」と言われ、「それは違う。大分には海と山があるんだ。」と言ったといいます。 平松元知事は、この後 ...