UA-77435066-1

イラスト入りコラムを約700点収録しています。コラムニストも随時募集中!ニュースレター制作のご相談も承ります。

健康

腎を養う方法

腎を養う方法

 | 
腎を養うためには、足腰を冷やさないことが大切です。温灸の部位として、両腰のベルト部分や、仙骨をよく温めてください。また、腎は耳とつながっていますので、耳を冷やさない養生も大切です。 私は冬場は両耳と百会をすっぽりと覆うほ ...
特定保健用食品[エコナの問題]

特定保健用食品[エコナの問題]

 | 
特定保健用食品(トクホ)である花王の食用油「エコナ」には安全性に関する懸念があるということで、メーカー側が販売を自粛し、世論の逆風を受けてトクホの許可も自主的に返上した。  エコナについては、販売当初から主成分であり関与 ...
更年期と鬱

更年期と鬱

 | 
更年期は、誰にでも訪れるもので、女性ばかりではなく、男性にもあります。皆さんは、更年期をイヤなものと捉えがちですが、決してそうではなく、生き方のターニングポイントとして捉えていただければ・・・と思います。即ち、子宝と子育 ...
セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

 | 
納得が行かないときは、複数の病院で診てもらう(セカンドオピニオン)のは、もう常識!』 先日、薬局の勉強仲間のある薬剤師から、こんなお話を聞きました。 副鼻腔炎の患者さんで、どうしようもないほどの頭痛と発熱があったので、そ ...
生活習慣病に克つ、気血水について

生活習慣病に克つ、気血水について

 | 
皆様、気血水、気血水養生法というのを聞いたことがおありですか? 気血水とは、西洋医学的にいえば、生体の恒常性で、心と自律神経系、内分泌系、免疫系のチームワークがうまくいっていれば、健康を維持できますよ!ということを現して ...
円形脱毛症の治療法は?

円形脱毛症の治療法は?

 | 
円形脱毛症は、ストレスなどで一時的に起こしている軽度なものと、注意を要するものがあります。 一般的に、脱毛部の数が3つ以内で、どんどんと成長する様子がなければ、食事療法と、根気よく血流改善することで、治すことができます。 ...
乳が んのリスクを減らす7つの方法

乳が んのリスクを減らす7つの方法

 | 
アメリカでは女性8人に1人が、日本の女性は20人 に1人が乳がんになると言われていますが、そもそもその乳がんがなぜ出来るのか、残念ながら現在の医学ではまだ解明されていません。しかし、乳がんになる危険要因は、様々な研究によ ...
プラス思考と免疫力

プラス思考と免疫力

 | 
人は過去の失敗した経験や、イヤな出来事にとらわれ、そのときの考え方が習慣化されます。 イヤな出来事が起きたときに、家族や周りの人すべてが落ち込んで、「もうダメだ!お先真っ暗だ!努力しても意味がない!」という反応をすれば、 ...
体とは実に賢くできている

体とは実に賢くできている

 | 
「栄養があるから食べましょう」幼い頃から口癖のように親や周りの大人たちに言われて育ってきたが、“えいよう”とは一体どんなものを指すのか、幼い頃には分からなかった。栄養についての勉強を始め、その“えいよう”に少し近づけたよ ...
老化と一番関わりのある臓[腎]

老化と一番関わりのある臓[腎]

 | 
腎は中医学では「先天の本」とされ生命の源泉であり、人間の生命や発育・成長などに深く関係していると考えられています。 五行では「水」に属し、膀胱・骨髄・歯・脳・髪・耳・生殖器・肛門などが腎の働きの系統を形成しています。 腎 ...
朝粥のすすめ

朝粥のすすめ

 | 
随分と朝晩は冷えるようになりました。世間では、バナナダイエットが人気で、あちこちの八百屋さんでバナナが売り切れだとか・・・。 元気で熱が盛んな方にはよいかもしれませんが、冷え性や、痰湿タイプ(水っぽくブヨブヨ太り)の方に ...
心臓のポンプ力を助ける

心臓のポンプ力を助ける

 | 
 秋がだんだんと深まり、本格的な冬がすぐそこにまで来ています。血液を循環させる働きを担当しているのは、五臓の中の心であり、心気と心陽が大きく関わっています。 心気とは血を全身に巡らせる先導役となる気のことをいい、心陽とは ...
Top